English
Mission
000 % up
伝える動画制作
Making Video that People Want
Video Marketing
KimiakiOgawa.com
Learn More
 

Kimiaki Ogawa

価値伝える

価値を伝えることで
皆がハッピーになれる
それが僕の動画制作です

 
 

動画で価値を伝えるために、大切にしていること

500% upで伝える動画制作

現代広告の巨人と言われる、デイヴィッド・オグルヴィは、広告がどのくらい読まれているかについて述べています。

平均すると、広告のヘッドライン(見出し)を読む人は、
広告の本文を読む人の5倍

つまり10人がヘッドラインを読んだ場合、本文を読むのは平均で2人ということです。

もしこの10人全員が興味を持つようなヘッドラインであれば、その広告は平均値の5倍、読まれる可能性があることになります。だからオグルヴィはヘッドラインの重要性を、あちらこちらで繰り返し述べています。

僕は動画も広告と同じだと思っています。

動画をスタートさせた直後の、わずか数秒間が動画でのヘッドラインに当たります。そこで関心を持ってもらうことができれば、5倍(500%up)の訴求力を持つことができる、そんなことをいつも意識しながら動画制作を行っています。

Making Video that People Want

クライアントに利益をもたらすためには、
クライアントのお客さんである
エンドユーザーにとって価値のある動画が必要です。

そこでビデオ・マーケティングの出番です。

ビデオ・マーケティングの活用

時代は「売り込み」から「繋がり」へ

Making People Want Things から Making Things People Want へ

僕の留学先でもあるアメリカでは、消費者と繋がりを持つことがセールスの主流になっています。

はじめに商品の機能や特徴が買い手にどう役立つのかを理解してもらい、繋がりを生み出します。
そして、自分にとってその商品が必要と感じた人へ販売する、といったやり方です。

そこで動画の出番です。

商品を理解してもらうために動画は最適です。圧倒的な量とスピードで情報を届けることができるので、 買い手の知りたいことを無理なく届けることができます。

そしてなにより楽しみながら商品を理解してもらえるので、動画を使うと購買意欲もぐっと上がります。

お客さんに価値のある商品情報を素早く届けて、クライアントとの間をつなぎ、セールスの手助けをします。
それが僕のビデオマーケティングです。

動画制作のこれまでと、これからの違いを比べてみました。

これまでの動画制作はこんな感じでした。

以前の広告展開

売り手と、ビデオ製作者でPR動画や広告を作っていました。お客さんが不在なので、どうしても売り込みになってしまいます。

これからの動画制作、ビデオ・マーケティングはこんな感じです。

これからの広告展開

売り手と、お客さんをつなげるための動画。お客さんの役に立つ情報を届けることで、無理なセールスがなくなります。

お客さんに役立つ情報を提供することで、クライアントに利益をもたらすこができれば、売り手も、買い手も、仲介役(僕)も、皆がハッピーになれます。

僕は、そうしたビデオ・マーケティングを行っています。

Kimiaki Ogawa
小川公亮 2000年東京生まれ 現在はサンフランシスコの大学でマーケティングを専攻
本場アメリカでマーケティングを学びながら、動画制作を行っている。
インターナショナル・バカロレア・ディプロマ取得/TOEFL iBT Score 92
Kimiaki Ogawa profile

小5から映像編集、中2からマーケティングの学習を始めました。

高校在学中に動画制作の初仕事。
アメリカの大学に留学してからは、W-ディズニー社のコラボ企画でPR動画の編集や、サンフランシスコの化粧品会社からプロダクトイメージの制作依頼を受けたりしています。

依頼を受けた企業とそのお客さん、皆がハッピーになれることが僕の動画制作の目的です。

主な実績

高校在学中(2019年)

  • 自治体の広報としてイベントのPR動画制作
  • FMラジオ番組にゲスト出演
  • 商業サイトのPRビデオ制作
  • アメリカ大学留学中(2019年)

  • 企業イベントのPR動画制作
  • W-ディズニー社とのコラボ企画のプレス向けPR動画編集
  • サンフランシスコの化粧品会社と契約し、プロダクトイメージ制作
  • 新型コロナウイルスの影響により一時帰国中(2020年〜)

  • スティーブン・J・マーティン監督の長編映画『Requiem for Poets and Dogs』(2021)に撮影監督・エディターとして参加。
  • ベネッセなど企業のPR動画制作
  • プライベート・フォトレッスンなどの実施
  • DUO website 企画・制作
  • スティーブン・J・マーティン監督の新作 "Unplayed Lullaby" に撮影監督・チーフエディターとして参加
  •   

    その他、教育ソフトウエアの編集や動画編集コーチングなどもやってます。

    Works

    Breaking News
    「クランクアップしました」

    2021/03 スティーブン・J・マーティン監督の長編映画『Requiem for Poets and Dogs』がクランクアップ!
    まずはボストン、マイアミの映画祭へ出品します。
    撮影監督という大役を任せてくれたスティーブ監督に感謝!
    美術監督は『三丁目の夕日』の佐藤四郎さん、そしてトレーラーを見てくれたマーティン・スコセッシさんから編集へのアドバイスもあり。
    あのスコセッシ監督です、編集気合いれてやってます!
    Trailer/予告編
    Austin International Art Festivalで最優秀国際長編映画を受賞。
    Tokyo International Monthly Film Festivalで最優秀長編映画賞を受賞。
    その他、多数の国際映画祭にノミネートされました。

    Recent Work
    「最近の仕事」

    2021/10 THE DUO website 企画・制作しました。
    英単語集でベストセラーのDUOシリーズの著者、鈴木陽一さんのサイト構築しました。
    Testimonial Video(お客様の声動画)も制作
    2021/10 スティーブン・J・マーティン監督の新作 "Unplayed Lullaby" に撮影監督・チーフエディターとして参加

    Trailer/予告編
    Dallas Movie AwardsでBest Low Budget Film 受賞
    東京国際コスモポリタン映画祭(長編部門)、で最優秀脚本賞、最優秀女優賞
    そして、最優秀撮影賞を受賞しました!

    Price

    動画制作の料金は案件ごとに変わりますが、目安となる基本料金を掲載します。

    動画制作:30万〜120万(企画・撮影・編集の有無・内容により変動します)
    ほかに必要な費用:撮影1.5万/日+現場までの往復交通費
    ドローンなど特殊撮影は別途費用がかかる場合があります。
    納品までの日程:撮影期間+編集期間(修正内容により変動します)

    その他の業務
    ・編集のみも行っています(YouTube動画編集のテロップ入れ等は除く)
    ・企業の自社動画制作のコンサルティング
    ・個人動画制作レッスン(3万円/一回3時間)
    ・ほか動画関係であれば、お気軽にお問い合わせください。

    Contact

    お気軽にご連絡ください。
    Name
     
    Email
     
    Message